青年会議所(JC)の概要


1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。

共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。

現在、全国に青年会議所があり、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。
さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。


▲ページトップに戻る


青年会議所の特性


青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。

会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。

各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。

青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。


▲ページトップに戻る


国際青年会議所(JCI)について


自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。

1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。

会員数17万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。

毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。


▲ページトップに戻る


青年会議所の活動


  子どもたちの育成

未来を担う子どもたちの健全育成のために、各地ではさまざまな青少年事業を展開しています。学校・家庭・地域のかけはしとなるべく活動を行っています。


  スポーツの振興

子どもから大人まで各地でいろいろなスポーツの大会を開催。スポーツが与えてくれる喜びを通じて、地域の人々の心と身体の健康促進を図っています。


  募金活動

JCでは地球に住むすべての人々が幸福であるようにとの願いから、世界各地の発展途上国の教育・医療の設備資金や被災地復興のための資金として、4万人を超える会員が1日5円募金を実施しています。また、国内外での被災発生に対しても素早く義捐金募集を行い救済に協力しています。


  ボランティア

子どもや障害者、留学生たちと共に自然とのふれあいキャンプなどを開き、自然から受ける感動、人種を超えた交流のすばらしさを伝えていきます。また、阪神淡路大震災の際には多くの会員がボランティアとして活動、復興に協力しました。奉仕活動はJCの信条の一つでもあり、青年に与えられた責任であると考えます。


  世界の仲間たちとの交流

国際人としての広い視野をもち、友情を築くことで世界の平和を達成したい。各地のJCでは、世界各国の青年会議所と提携し、子どもたちを中心とした交換留学や交流キャンプ、さらには留学生の受け入れなどの事業を行い、国境を越えた友情の輪を広げています。


  地域特性を活かしたまちづくり

各地のJCでは市民や行政の共感を得ながら、地域の特性を活かしたまちづくり運動を展開しています。自らが先頭に立ち、環境美化や地域の魅力再発見、伝統の復活など、自分たちの住む地域の活性化に若いエネルギーを燃やしています。


  対話がつくるよりよい社会

JCではよりよい社会づくりのために、LOM・ブロック・地区・全国単位でさまざまな会議を開催。 まちづくりから行政改革、教育問題・環境問題にまで活発に議論しています。


  自己トレーニング

さまざまな活動においてリーダーシップを発揮できるように、JCでは独自のプログラムを作成、 常に実践的なトレーニングを行い、全会員の能力向上に努力しています。


▲ページトップに戻る


JCI Creed


We Believe
That faith in God gives meaning and purpose to human life;
That the brotherhood of man transcends the sovereignty of nations;
That economic justice can best be won by free men through free enterprise;
That government should be of laws rather than of men;
That earth's great treasure lies in human personality;
And that service to humanity is the best work of life.



《和訳》

我々はかく信じる:
「信仰は人生に意義と目的を与え
人類の同朋愛は国家の主権を超越し
正しい経済の発展は自由経済社会を通じて最もよく達成され
政治は人によって左右されず法によって運営さるべきものであり
人間の個性はこの世の至宝であり
人類への奉仕が人生最善の仕事である」


▲ページトップに戻る


JCI ミッション


  JCI Mission

To provide development opportunities that empower young people to create positive change



《和訳》

青年が、積極的な変革を創造し、開拓するために能動的な活動ができる機会を創造する



▲ページトップに戻る


JC宣言


  日本の青年会議所は混沌という未知の可能性を切り拓き、個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する確かな時代を築くために率先して行動することを宣言する。


▲ページトップに戻る


綱領


  われわれJAYCEEは社会的・国家的・国際的な責任を自覚し志を同じうする者、相集い、力を合わせ青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を築き上げよう。


▲ページトップに戻る


JC三信条


  1.個人の修練


2.社会への奉仕


3.世界との友情
 


▲ページトップに戻る




JC用語集


  青年会議所には、青年会議所に関わらない一般の人が聞けば難解な言葉があります。
JCならでは言葉について抜粋して掲載しました。

  JC(ジェ−・シィ−)

Junior Chamberの略。青年会議所のこと。
社団法人小野加東青年会議所を小野加東JCとも呼びます。




JAYCEEY(ジェイ・シィ−)

青年会議所に所属する会員個人のこと。




JCI(ジェー・シィー・アイ)

Junior Chamber International,Inc.の略。国際青年会議所の意。JCIでは、世界を5つの地域に分け、「エリア」という呼び方をしており、日本JCは「エリアB」である。

エリアA=アフリカ地域
エリアB=アジア・太平洋地域
エリアC=ラテン・アメリカ地域
エリアD=ヨーロッパ地域
エリアE=北米・カリブ地域




NOM(ノム)

National Organization Memberの頭文字をとったもので,国家青年会議所と訳されている。公益社団法人日本青年会議所は、国家青年会議所の中の1NOMである。



LOM(ロム)

Local Organization Memberの頭文字をとったもので,国家青年会議所に属する各地会員青年会議所のことである。



DOM(ドム

地区協議会の意。現在、日本青年会議所は10に区分されて,10の地区協議会がある。



BOM(ボム)

ブロック協議会の意。日本青年会議所および地区協議会としての事業計画方針などを各地青年会議所に伝達、浸透させ、また各地青年会議所の事業活動意見などを日本青年会議所および地区協議会に報告連絡するための機関。現在、日本青年会議所には50ブロック協議会がある。
(社)小野加東青年会議所は、兵庫ブロック協議会に属している。



We Believe(ウィー・ビリーヴ)

JCI綱領の頭の文であるが、日本JCの機関誌の名前でもある。「We Believe」の誌名は全国のJCメンバーから募集し「50億」に替わる新名称として決定した。多数の応募の中から会頭を始めとする審査員による討議の結果、選ばれた。(1981年4月,「30億」から「50億」誌名変更、そして1999年11月,世界人口増加に伴い誌名を変更。)



京都会議

日本JCが毎年1月に、京都国際会議場で行なう会議のこと。年度の事業計画・ 予算決定・事務引継ぎ等が行なわれる。
そもそも京都会議とは1966年11月に国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本初の国際会議場で、今上陛下ご夫妻(当時皇太子殿下ご夫妻)のご臨席を仰いで盛大に挙行された。その翌年、日本JC通常総会が1月に京都にて開催され、以来、日本JCの年度のスタートとなる新年式典や通常総会・正副会頭会議・理事会などの諸会議・各委員会が京都で開催され、これらを総称して「京都会議」と呼ばれるようになり、現在に至っている。



サマーコンファレンス

毎年、7月に行われる、JCの主要テーマである「まちづくり」「国際貢献」「環境」を中心に、検討・ 研究する大規模なセミナーのこと。また、その検討・研究の成果を提言として発表している。93年まで続いていた青年経済人会議を発展させた会議でもある。
1966年の政治問題セミナーから始まったこの事業も、青年経済人会議、JC東京会議、そして横浜サマーコンファレンスへと時代の要請に従い、幾度かの変遷を経てきた。行政への提言をはじめ、講演、セミナー、シンポジウム、フォーラムなど様々な催しが行われている。



全国会員大会(全国大会)

全国会員大会は公益社団法人日本青年会議所における一年間の総括の場であり、卒業生を讃え送り出す祭の場である。毎年会場が変わる。
そして、全国の青年会議所メンバーにひとづくり・まちづくりの為の様々な優れた情報や活動を発信する場でもある。



ASPAC(アスパック)

JCIでは世界を4つのエリアに分けている。 わが国は、「エリアB(アジア・大平洋地域)」に属している。
毎年それぞれのエリア毎に会議が開かれており、エリアBでの会議「Asia Paciffic Conference」の頭文字をとって、通称ASPAC(アスパック)と呼んでいる。
世界会議(JCI ワールドコングレス)
国際青年会議所が主催する年1 回開催される世界会議で,国際青年会議所の事業計画,予算の決定,役員の選出,褒賞の授与,翌翌年度の世界会議の開催地の決定等が行なわれるJCI の最高の意志決定機関である。



ロバート議事法(Robert's Rules of Order)

多数者の権利,少数者の権利,個人の権利,不在者の権利の4 つの権利を基本的な原則として行う会議運営の方法。これは国連をはじめ世界各国で採用され、国際青年会議所、日本青年会議所でも正式に採用されている。



LD(リーダーシップ・ディベロップメント)

指導力開発(Leadership Development)のこと。JC 運動の創始期に「修練、奉仕、友情」の3原則の考え方があったが、 その後JC運動の両輪として「人間の錬成 と社会の開発」がうち出され、いわゆる指導力開発と社会開発計画とが推進されてき、現在は人間力開発に集約されている。
お互いが動機付け、刺激し合う中から切磋琢磨し、各自隠された能力を開発し、人間形成をしていくことが指導力開発。いわゆる、ひとづくりです。



MD(マネージメント・ディベロップメント)

Management Development(経営開発)のことで、会員の資質向上のみならず、企業経営に役立てる方法論として経営開発を位置付けている。



CD(コミュニティー・ディベロップメント)

Community Developmentの略。社会開発(まちづくり)のこと。



HD(ヒューマン・ディベロップメント)

Human Development(人間力開発)の略。2000年代運動指針の中でJC運動の新機軸としてとりあげられた。
従来の従来の社会開発(CD)と、指導力開発(LD)は、現在、人間力開発に集約されている。



3分間スピーチ

LD手法の一つで、電話一通話の時間内即ち三分間で自己紹介から始まり、テ ーマにそったスピーチを完了させる方法。



アジェンダ(Agenda)

理事会や委員会等を運営する時の式次第のこと。



チャーターメンバー(Charter Member)

各地青年会議所が設立された時に入会した初代会員の呼称。



JCデー(ジェー・シィー・デー)

日本において最初に青年会議所運動が開始された1949年9月3日を記念して、 毎年9月3日をJCデーと称している。



KJ法(ケー・ジェー・ホウ)

KJ法(KJ Method)は、文化人類学者の川喜田二郎氏がデータをまとめるために考案した手法である。データをカードに記述し、カードをグループごとにまとめて、図解し、まとめてゆく。グループごとに話し合い、全体会議で発表しまとめる技法の一つ。共同での作業にもよく用いられ、「創造性開発」(または創造的問題解決)に効果があるとされる。



例会(Monthly Meeting)

月ごとなど、一定の期間を決めてひらく会合。



認承証伝達式

新規に設立を承認されたJCに対し、日本JCからその認承証が正式に伝達される時の式典である。



出向者

各地青年会議所より国際青年会議所・日本青年会議所・地区協議会・ブロック協議会へ役員や委員として出ていくメンバーのこと。



スポンサーJC (Sponsor JC)

青年会議所未設立の地域の青年有志に働きかけ、設立の指導援助する青年会議所(推薦LOM)のこと。







▲ページトップに戻る