小野加東青年会議所

理事長所信

  • HOME »
  • 理事長所信

2016年度LOMスローガン

未来に向かって、今を生きよう
~日々新たなる挑戦~
 

基本理念

「私たちの故郷OTTYの未来のため、郷土に誇れる青年として、自らに厳しさをもち率先し行動する」
 

基本方針

一、情熱を持っての会員拡大

一、自己変革

一、強固な組織づくり

理事長所信

はじめに

 1964年3月10日に全国で259番目の青年会議所として先輩諸兄のお力により小野青年会議所が設立されました。それから幾余年、名称の変更や法人格の取得を経て、一般社団法人小野加東青年会議所は、今年で53年目を迎えます。時代背景が変わったとはいえ、今日まで先輩諸兄から受け継がれてきたJC運動の意義や目的を絶やす事なく、次の世代に引き継ぐ事が「明るい豊かな社会」の創造を進める歩みであると考えます。そのためにも小野加東青年会議所の歩みを止める事なく、変えるべきもの、変えてはならないものを明確に指し示し、積極的な議論をし、前を向いて行動していきます。
私たちを取り巻く社会情勢は、企業の収益増加の期待による株価の上昇、全国各地での世界遺産登録などにより、未来への先行きが明るい様に感じられます。しかし、社会環境がもたらしている変化は、核家族化や少子高齢化の進展により、地縁的な繋がりや地域での世代間の交流が少なくなり、自己中心的な考え方が助長され、他者への思いやりの心や感謝の心が薄れているのが現状です。それらの現状を少しでも変化させ、私たちが、良心を持って、次の世代の手本となるべく、意識をして行動し、次の世代に良心を伝える事が、私たち世代の責務であると考えます。まず、私たちが、この地域の未来を真剣に考え、未来に先送りする事なく、自ら進んで物事に取り組み、どんな困難にも立ち向かう強い意志が必要です。個々の力では困難である事も、同じ志を持つメンバーと共に想いを一つにし、行動をすれば、必ず未来は切り拓けると信じます。私たちが地域のリーダーとして背を向ける事なく、今、私たちに何が出来るのかを考え、生まれ育った地域を更に良くしようと行動し、この地域に必要とされる青年会議所でなければなりません。
この地域を明るい未来へと導くためにも、メンバー一人ひとりが、リーダーとしての自覚を持ち、地域とのネットワークづくりを進め、地域を良くしたいという想いをメンバー間で共有しながら活動してまいります。

***情熱を持っての会員拡大***
これからも青年会議所活動を進化させ、更に地域に発信を続けるためには、会員拡大は最優先課題であります。会員の減少は、青年会議所活動や組織運営に様々な影響を与えるばかりか、数年先には小野加東青年会議所自体が存続の危機に陥ってしまいます。
しかし、私たちにはこの小野加東青年会議所を存続させ、「明るい豊かな社会」を実現させる責務があります。この脈々と受け継がれた伝統ある小野加東青年会議所の歩みを揺るがす事のないよう、新たなる仲間を導き、組織を発展させる事は必要不可欠です。私たちがJC活動で得た経験や学びをメンバー全員が誇りに想い、情熱を持って私たちの活動を伝播する事で、多くの新たなる仲間を導く事は可能であると考えます。会員拡大は、LOMに新たな風を吹き込み、仲間の輪が広がるばかりでなく、更なる友情を深め、人生の中で一生の友となる仲間に出会えます。そのためにも、メンバー一人ひとりが、普段の会話の中からJC活動で得た経験や学びを語り、自身の言葉でJCの魅力を伝える事で一緒に未来を描く仲間を増やしていきましょう。

***自己変革***
私たちは、40歳までの限られた期間の中で、単年度制ならではの様々な委員会や役職を経験し、より広域への出向を通じて、かけがえのない出会いがあり、多くの刺激を受け、失敗や成功を繰り返す事で、今後の人生においての基礎となる土台を形成していきます。そのように、青年会議所には自分自身を成長させるための多くの機会があります。しかし、そのような素晴らしい機会を自分自身で求めなければ、何も得る事は出来ません。青年会議所が与えてくれるという事ではなく、自分自身が積極的につかみ取ろうと思わなければなりません。メンバー全員が、どんな困難にも負けず、目の前の壁を乗り越え、常に昨日よりも今日、今日よりも明日と自分自身に磨きをかけ、少しでも自分自身を成長させる事で、この地域、企業、家庭にも還元させる事が出来るはずです。そのためにも、何事にも目的意識を明確にし、参加意欲を向上させる事から自己変革を行いましょう。

***強固な組織づくり***
小野加東青年会議所では、先輩諸兄が時代背景に合った多くの素晴らしい例会や事業を展開されてきました。その根底には、しっかりとした組織運営が行えていたからであると考えます。私たちは、その素晴らしい組織運営を継続し、個々の成長が実感出来る魅力ある組織でなければなりません。そのためにもメンバー一人ひとりが高い志をもって、しっかりと議論し、お互いを尊重する事で、メンバー間での信頼関係が生まれ、方向を確かなものへと導く事で結束力のある力強い組織作りに繋がると考えます。そして、信頼できる仲間と共にメンバーが何事にも自信を持って、意欲的に取り組める強固な組織づくりを目指します。

 

 

事業展開

2016年度は2委員会、1会議体を設置致しました。各委員会は、お互いに協力し、助け合いながらも、それぞれの職務を委員会、会議体が一丸となって、実行し、喜びや成果が実感できる事業を展開してまいります。

【総務研修委員会】
青年会議所運営の要となる委員会として、一般庶務の円滑な遂行をお願いします。また、現在の組織に則した諸規則の調査・研究をお願いします。広報においては、JCの魅力発信やメンバー間でのコミュニケーションが図れる情報発信をお願いします。
経営力事業では、私たちの基盤である企業をより盤石なものとするために、青年経済人としての心構えや企業に還元が出来るような企画の立案をお願いします。

【地域交流委員会】
子どもたちを主体に地域の方々や各種団体との連携を図りながら、子どもたちの心に感動を与えられる交流事業をお願いします。また、交流事業を通じて大人と子どもが共に成長し合える事業展開をお願いします。

【拡大育成会議】
会員拡大でこれまでに効果のあった手法に加えて、新たな手法にも挑戦し、全メンバーを巻き込こんだ形で推進をお願いします。そして、新会員やメンバーの資質向上に繋がる育成にも努めて下さい。
また、積極的に例会の出席奨励を行い、100%出席例会の達成をお願いします。

 

むすびに

 私は一般社団法人小野加東青年会議所に入会し、地域の方々、各種諸団体の方々、諸先輩方、メンバーに出会い、多くの経験や学びを頂きました。JCに入会せず、ありふれた日常生活では、自己の成長はなかったと思います。また、同じ志を持つメンバーと切磋琢磨する事で、今までとは違った視野で物事を広く見るようになり、JC活動をしていないと出会えない多くの方々との繋がりを持つ事が出来ました。このように多くの機会を頂き、JC活動が行えるのも、現在も陰で支えて頂いている会社の従業員や家族など多くの方々のお蔭であり、常に感謝の心を忘れずに、活動に邁進をしていきます。現役メンバーをはじめ、これから入会してくれる仲間には、成長の機会をチャンスとして頂き、メンバーと共に私自身も更なる成長に繋げていきます。

「日は新たに、日々に新たなり」

 この言葉は、今日の行いは、昨日よりも新しくなり、明日の行いは今日よりも新しくなるように修養に心掛けねばならないという意味です。私は、この言葉を自分の胸に刻み込み、志を同じうする仲間たちと共に、日々、自己を高め、私たち世代がリーダーシップを発揮して、私たちの背中を次の世代に見せる事で、私たちが次の世代の手本となり、私たちの想いを繋げる活動をしてまいります。「未来に向かって、今を生きよう」をスローガンのもと、努力、精進をし、活動を展開していく所存でございます。今後とも更なるご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 

小野加東青年会議所 事務局 TEL 0794-63-3563 月・水・金 AM10:00~PM3:00
*変動する場合があります。

PAGETOP
Copyright © 2016 一般社団法人 小野加東青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.