3月例会

昨日は小野加東青年会議所、3月例会を開催致しました。

県立小野高校、県立社高校の生徒にお越しを頂き、

現在の地域事業の取組みについて発表していただきました。

小野高校商業科の生徒さんは北播磨おいしんぼ館をもっと知って頂く為に、

北播磨をもっと発信していく為にHPやキャラクターの作成、

何より販売の手伝いもされたという発表でした。

なぜ、おいしんぼ館を発展させたかったのか、その為の具体的な取組みまで

細かく分かり易い発表でした。

社高校生活科学科の生徒さんは三草茶葉を使ったケーキ、社特産の桃、苺を使用した

ジャムの製品開発、JAや業者さんとの連携によって販売までされている

とのことでした。

両校とも着目点は違うものの地域活性への取組みは、具体的で

先の本展開もしっかりと考えられていて本当に素晴らしいものだと感心致しました

JCも誰の為に何の為にするのか、思いも大事ですが、

目的を明確にし具体的な組立てを行う必要があると改めて感じました。

両校の生徒さんには時間遅くまでご参加いただき有難うございました。

今後地域発展の為に、皆さんの今後益々の成長を心からお祈り致します

理事長 大西 雅文