2015年度LOMスローガン

共に学び!共に成長し!共に喜びを分ち合おう!
~ 今こそOTTYのリーダーとなれ! ~

 

基本理念

「私たちの故郷OTTYの未来のため、
郷土に誇れる青年として、自らに厳しさをもち率先し行動する」

 

基本方針

一、一般社団法人小野加東青年会議所の伝統と進化を今ここに
一般社団法人小野加東青年会議所は、これまでの伝統と歴史を踏襲しつつ、これからの地域発展に寄与することにある。今この時を起点にこの思いを次代に繋ぐ。

 

一、全員全力の会員拡大
青年会議所活動は、共鳴する仲間と共にある。学び舎として、これまでの地域リーダーを多く輩出してきました。当会の理念に共感して頂ける仲間づくりを、メンバー一丸となって積極的に実施していこう。

 

一、JAYCEEの成長
個々の資質は無限の可能性を秘めている。個々の資質を今一度覚醒させ、更なる学びを得ながら、自己の成長と飛躍に繋げよう。今こそ真の地域リーダーとなる時。我々は変革の能動者です。まずは自己を知り、そして学びを得て成長し地域のリーダーとなれ。輝ける未来に向かって我々は学び成長し続ける、若き力に不可能はない。

 

一、OTTY故郷(ふるさと)づくり
この地域(まち)OTTYは我々の活動拠点であり故郷(ふるさと)でもある。故郷(ふるさと)の再生明るい豊かなまちづくりは、我々の使命であり運動理念の基軸である。勇気と情熱を行動にし、地域の方々と積極的な交流を図り共に繁栄できる明るい豊かなまちづくりに貢献しよう。

 

一、共存と共栄そして感謝
我々は、この地域(まち)に生を受けこの地域(まち)に育てられました。この地域(まち)に生まれたことに感謝し、誇りを胸にこの地域(まち)の豊かさと伝統を後世に繋いでいきましょう。

 
 

理事長所信

はじめに

 今日我々を取り巻く環境は目まぐるしく変化し続けています。特に政治、経済、国際問題の変化には、日々驚きそして落胆することも多くあります。
しかし、日本は古来より幾多の困難を乗り越え、今日世界有数の先進国として我々の生活が成り立っています。近年に起こった自然災害、阪神淡路大震災、東北関東大震災から日本国中の国民が共に手を取り合い助け合い力強く復興しつつあります。
これは本来、国民が持っている大和魂の他人を思いやる心、武士道の勇気と正直、実直さそして「強きを挫き、弱きを助ける」「弱き者を助け、悪しき者を挫く」の精神が大きく働き危機的状況の中から復興してきたのだと考えます。
しかし、日常の生活の中では日本人の奥ゆかしさゆえに、その精神が発揮されず、諸問題を解決出来ずにいます。
いきなり社会的大きな問題を解決するのは難しいかもしれませんが、我々一人一人が勇気を持って、行動を起こせば、解決できることは沢山あると思います。
混沌とする今だからこそ我々小野加東青年会議所メンバーの一人一人が勇気を持って行動し、地域(まち)のリーダーとして明るい豊かな社会づくりの先導者にならなければいけないと確信致します。

 小野加東JCは1964年3月10日、全国第259番目39名の英知と勇気と情熱を持った人々の結集によって、小野青年会議所として誕生しました。
様々な遍歴を経て現在は、一般社団法人小野加東青年会議所と名称を変え今日に至ります。これは地域活動を行っていく上で、また法律改正によっての変更はありましたが、設立当初からの理念や思いは、何ら変わるものではありません。時代の変化に伴って、変化しなければならないことも多くあります。
しかし、変えてはならないこと、守らなければならないことがあると思います、それが設立当初の理念と思いであります。
小野加東青年会議所は、50年以上の歴史を刻み、今日までこの地域(まち)で活動させて頂けたのも、先輩諸兄や行政、各種団体の多大なるご協力とご理解そしてご指導があった賜であると思います。一人のメンバーとして、また本年大役を務める者として厚く感謝申し上げます。小野加東青年会議所がこの地域(まち)に育てて頂いたことに感謝をし、歴史と伝統を誇りとしながら、次世代にこの思いを繋いでいく為、青年経済人としてまた、地域のリーダーとして個々の役割と使命そして活動理念の再確認をして、感謝を込めた発信をさせて頂きます。

 

*** (一般社団法人)小野加東青年会議所の伝統と進化を今ここに ***
 小野加東青年会議所は、地域活動の充実や時代の変化特に法令改正に伴って、名称変更させてきました。しかし、その思いや情熱、理念が変わったわけではありません。2市に跨る日本有数の広大な面積と行政を活動範囲としております。これまでの地域(まち)との関わり方を検証し、今後の関わり方を現在の社会背景を把握しながら、来たる次代を元気で明るい豊かな社会とするべく、我々青年会議所活動を地域(まち)に感謝を伝え響かせていきましょう。

*** 全員全力の会員拡大 ***
青年会議所の会員減少は全国的な現象であります。人口減少や出生率の低さなど、社会的な要因もあります。しかし、小野加東青年会議所は小野市と加東市で、人口9万人を超える地域性豊かな土地であります。また、地場産業がこの地域には沢山あり、今日まで繁栄してきました。次代を担う世代に青年会議所活動に共感して頂けるよう積極的に会員拡大を実施しましょう。青年会議所の発信力のみならず、明るい豊かな社会の実現に必ず近づきます。勇気ある一歩をそしてメンバー全員で取組みましょう。

*** OTTY故郷(ふるさと)づくり ***
地域には老若男女様々な方が居住されています。しかし、自己が満足に生きたいと思うと同時に、豊かな地域(まち)に住みたい又住み続けたいと思うのは共通認識ではないでしょうか。特に心の豊かさに重点をおいたOTTY故郷づくりに取組んでいきましょう。小野市加東市で活動されている諸団体と連携を図り市民の方々とより密着したより身近な故郷づくりを行っていきましょう。

*** JAYCEEの成長 ***
人間は人として常に成長したいとの欲求があります。又その成長にゴールはありません。
むしろ生きることそのものが学びであり成長であります。先ずは己を知ることです。人には長所、短所が必ずあります。個性は大事ですが、自己中心ではいけません。先ずは自己を見つめ直し、分析し長所は更に伸ばし、短所はJCの3信条である、修練、奉仕、友情から、積極的に学び補っていきましょう。現在の能力に決して満足することなく、更なる成長を強く望んで下さい。きっと新たな自分の発見や成長に繋がることでしょう。人の成長は無限大であり可能性は果てしないと確信致します。己を知れば必ず仲間や育ててくれた家族、地域に感謝が生まれます。その感謝こそがお互いの尊重となり揺るぎない絆になると思います。我々一人一人の人間的な成長こそが、今後の明るい豊かな社会づくりの原動力となるのです。

*** 共存と共栄そして感謝 ***
私達は、この地域(まち)で生まれ育てられてきました。改めて生れ育てられたこの地域(まち)に感謝をし、我々ができる社会貢献を今一度考え、地域(まち)と共に繁栄できる組織の在り方を考え、恒久不変に続く小野加東青年会議所の未来の歩みについて考えていきましょう。

 

事業展開

2015年度は1会議体、3委員会を置き、地域の方々とJCメンバーが共に学び、成長することができる
事業展開をしてまいります。地域にとってもJCメンバーにとっても、喜びを実感できる事業を実施してまいります。

総務広報 委員会
LOMの要委員会として50年間引継がれてきたデータを活用し、一般庶務の確実な遂行をお願します。多種多様に変化する中で変えるべきもの、変えてはならないものの調査研究をお願いします。
小野加東青年会議所の魅力発信、双方にコミュニケーションが図れる情報発信をお願いします。

 

共育 委員会
人間の個性は宝です。個性を更に伸ばす事業と価値観の共有できる事業をお願いします。
また企業人としての経営力、変化に富んだ社会においても柔軟に対応し力強く歩むことのできるJAYCEEの育成、人間力事業をお願いします。

 

地域共創 委員会
地域の大人と子ども世代が共につくり出す事業の企画、実施をお願いします。交流事業を通して笑顔溢れる地域(まち)づくり事業をお願いします。
心から喜び、感謝できる事業展開をお願いします。また、地域で活躍される各種団体との連携事業もお願いします。

 

会員拡大実践会議
50年の歴史ある小野加東青年会議所は、更なる発展と成長を図る必要があります。
次代を担う世代に青年会議所活動に共感して頂けるよう積極的に会員拡大に取組める企画と、会員一丸となって会員拡大の実践をお願い致します。
青年会議所の発信力のみならず、明るい豊かな社会の実現に必ず近づきます。

 

むすびに

 疾風のように早いかと思えば、林のように静まりかえる、燃える炎のように攻撃するかと思えば、山のように動かない、暗闇にかくれたかと思えば、雷のように現れる。
 
 皆さんご存じの「風林火山」武田信玄の旗印、訓戒であります。諸説色々解釈はありますが私はこう捉えています。
まずは早くに行動を起こす、熟考する時間、力強い勇気ある行動に、そして検証を図り更に実のある成長に臨む。そんな意味ではないでしょうか。JCや仕事、家庭においても共通する場面は多いと思います。
このような積み重ねがより充実した自己や家庭、地域に繋がることでしょう。しかし何事も当事者意識を持って勇気ある行動を起こさなければ何も得るものは無いと思います。かけがえのない人生において学びがない、成長が実感できないことは寂しいことです。
しかし青年会議所は人生の学び、糧にできる機会が沢山あります。この機会一つ一つを大事にそして積極的に参加して下さい。大きな成長がきっとあります。
 
 私が入会当初は多くのメンバーが在籍されておりました。月日が流れ現在は会員も減少傾向にあります。
しかし、この時代だからこそ出来ることも沢山あると考えております。脈々と受け継がれてきた歴史と伝統を誇りとし、学び舎としての充実、地域との関わりをじっくり考え個々の成長と進化、小野加東青年会議所の更なる発展と飛躍に繋げる一年にしていく所存であります。そしてLOMの為、地域発展の為、力添えをさせてい頂きたいと考えております。
先輩諸兄、各行政、各種団体の方々におかれましては、これまで以上のご協力とご指導の程宜しくお願い申し上げます。
 
 幸せの価値は人それぞれです。
人生の幸せ、仕事の目標を達成するのも一つでしょうが、その目標達成がゴールとは思いたくない。それは人生においての通過点に過ぎません。
人間この世に生を受けた以上確実に毎日終着駅に近づいています。ならば一つ一つをこなすではなく、大志を抱きその達成の過程をも大いに楽しむことこそが大事であり、それがより自身に、インパクトを与えてくれる幸せだと私は思います。
笑顔でゴールを迎えた人は、振り返った時幸せだったと感じることができ、心から人に感謝ができる。それは私が日々思っていることであり、実践していることです。今後も幸せを感じ取って人生を歩んでいきたいと思います。
もう一つ、私が信念として思っていることがあります。「過去は誰も変えることはできません、しかし未来を変えることは必ずできる。行動を起こす時は今をおいて他にない、今を全力で取り組めば必ず明るい未来は開ける。」これは私の原動力であり信念でもあります。少しでもLOMに、この信念を伝播できる様に致します。地域の方々と共に学び!共に成長し!共に喜びを分ち合おう!を念頭に本年活動してまいります。